2009年10月アーカイブ

とらふぐ料理

10月も今日を残すのみとなりました。

本当に月日の過ぎるのはなんて速いのでしょうか。

不景気風の治まるのはいつなんでしょうね。

なんやかやと慌しい中、もう忘年会の時節です。

最近は、こじんまりと気の合うお仲間で美味しいものを食べて

ストレス発散したいというお客様が増えてきたように感じます。

気遣いをせずに楽しく飲みたいとか・・・。

そういう方に一番のおすすめが「ふぐコース」と「ふぐづくしコース」です。

IMG_1131.JPG

                         (写真は四名様盛りです) 

ふぐコース(2名様より)

ふぐ皮ポン酢掛け・焼き霜ふぐうす造り・ふぐ唐揚げ・ふぐ鍋・

お食事(ふぐ鍋でおじや)・デザート    ・・・8,000円(税込み・サ別)

 

ふぐづくしコース(2名様より)

先付け・焼き霜ふぐうす造り・ふぐ皮ポン酢掛け・ふぐひれ酒 又は ふぐ茶碗蒸し

ふぐ白子(塩焼き 又は 天婦羅)・ふぐ唐揚げ・ふぐ鍋

お食事(ふぐ鍋でおじや)・デザート    ・・・14,000円(税込み・サ別)

 

一生懸命頑張ったこの一年の締めくくりに、この時期だけのおすすめ

「とらふぐ料理」はいかがでしょうか。

11月1日より始めさせていただきます。

御予約をお待ちしております。

 

 

 

 

 

加賀野菜いろいろ

加賀野菜15品目はもう皆さまご存知かと思います。

IMG_0743.jpg

このお野菜たちは先日、加賀野菜の会合でお客様にご紹介した、

今の時節の"顔"です。

 

IMG_0740.jpg

これが「加賀野菜麺」。お野菜を麺に練りこんであります。

 

IMG_0745.jpg

左から

打木赤皮甘栗かぼちゃ麺、二塚からしな麺、金時草麺、

加賀蓮根麺、金沢春菊麺、五郎島金時麺のつけ麺です。

いずれも優しい香りと味に仕上がり、上品であっさりしているので

どれだけでも食べられる加賀野菜麺です。

 

IMG_0750.jpg

左から、加賀蓮根きな粉餅、かぼちゃムース、五郎島金時羊羹です。

松魚亭特製の手作りデザートです。

嬉しいですよね。加賀野菜をフルコースで食べられるというのは。

 

これからの時節は「源助大根の鰤大根」や「加賀蓮根の蓮蒸し」が

おすすめです。根野菜は体に良いですから、旬のものをたっぷり

摂りたいですね。

 

 

 

 

鰤と蟹

皆さま、お元気ですか。

今朝、金沢港から仕入れたブリです。

約10キロぐらいでしょうか、りっぱなブリですね。

ブリを持つ手がしびれるくらいの重さがその成長を表しています。

さぞかし美味しいでしょうね。いまからさばくところです。

ぜひ、楽しみにご来店下さいね。

IMG_0737.jpg

 

新潟の香箱蟹です。

IMG_0683.JPG

ずわい蟹解禁は11月6日です。

7日から大量入荷されますので、これまたお楽しみに!!

いよいよ日本海の味本番です。冬が近いことを思うと背中がブルッと

震えますが、寒さより旨さですよね。

日本海の幸はぜひ松魚亭でお楽しみください!!!

 

 

 

 

松魚亭の名付け親

「松魚亭」の名前の謂れをお客様からよく聞かれます。

「松魚亭(しょうぎょてい)」の名前は公募で決まりました。

IMG_0700.jpg

その公募の当選者であり、名づけ親が今年81歳になられた野上様です。

先日、ご来店の際に写真を撮らせていただきました。

27年前に名づけて下さって以来のお客様です。

野上様、ありがとうございます。

 

「松魚」は「かつお」とも読み、「鰹節」の意味です。

鰹節がおめでたい松の幹に似ているところから松魚=鰹節であり、

結納品の中に「松魚料(まつうおりょう)」がありますね。

酒の肴としてお魚の代わりにお金を包み、熨斗袋に松魚料と書きます。

読み方がいろいろなので紛らわしいですが、松魚は出世魚でもあり、

とにかくおめでたい名前です。

公募の審査員をお願いした、蒔絵の人間国宝 大場松魚(おおばしょうぎょ)様の

本名は大場勝雄様であり、同じ「松魚」という名前を使う許可をいただいて、

決定しました。

そういうわけで、松魚亭を今後ともよろしくお願い致します!!!

 

 

 

 

 

 

鯛のあらだき

松魚亭オープン以来、ファンからの根強い人気「鯛のあらだき」を主役に

したランチ「浅野川膳」(1,700円)です。

IMG_0713.jpg

胡麻豆腐や茶碗蒸し等小鉢が付いてますが、御飯と鯛のあらだきだけで

十分というお客様や、鯛の骨をしゃぶって、煮汁を御飯に掛けて

それでも煮汁が残ると御飯をおかわりなさるお客様がおいでます。

ありがたいことでございます。

IMG_0716.jpg

ほら、目のまわりも美味しそうでしょ。

牛蒡と生姜がまた美味しいです。

平日は、「ぜんざい」が付いてますよ。ぜひ、この煮汁の御飯掛けに挑戦

してみてくださいませ。ぜったい癖になりますよ。

 

いつもランチタイムをご利用下さる皆さま、ありがとうございます。

平日ランチの食後デザートとして、これまで「くずきり」をサービスして

まいりましたが、本日より「ぜんざい」に変えさせていただきます。

柴漬けをほんのちょっとですが添えてございます。

熱々、ほどよい甘さの松魚亭「ぜんざい」をどうぞ・・・。

ごゆっくりとお過ごし下さいませ。

IMG_0705.jpg

 

 

松魚亭まかない丼

松魚亭の「まかない丼」といえば、

すぐに海鮮丼と思われるでしょうね。

こういう「和牛ときのこの美味しい丼」もあるんですよ。

和牛でも質の良い部分を和風ステーキや一口にぎりとして

コース料理に組み込んでいて、

これは、その端っこの柔らかくて脂身もほどほどの和牛ときのこを

使って、どんぶりにしました。

IMG_0691.jpg

その日によって素材と数に限りがあるので、

ご希望の方はまず問合せて下さいね。

IMG_0699.JPG

2,350円です。

「五郎島金時の柚子風味羊羹」もついてますよ。

ボリュームたっぷりで食べ応えあり、香ばしいタレときのこが

美味しさを引き立てています。

松魚亭のお肉料理をお楽しみ下さいね。

売り切れだったらごめんなさい。

 

 

おかげさまで、

10月3日の日経新聞PLUS1(プラスワン)に登場して以来、ますます、その人気はスゴイです。

掲載当日の朝、「おめでとう!やっぱり美味しいものは誰が食べても美味しいわよね!」と

数人から携帯メールが届きました。日経新聞の女性購読者って少ないと思ったのですが、

今回のメールでそうでもないことがわかりました。

早速、「松茸御飯の素」の注文も殺到し、製造部に問合せると製造が追いつかないという

嬉しい悲鳴。一生懸命、美味しい「松茸御飯の素」を作っておりますので、このブログを見て

食べてみたいと思われた方も、今しばらくお待ちくださいね。

「しめじ御飯の素」「鶏五目御飯の素」もおすすめですよ。

 

 

 

かに鍋料理

秋も深まってまいりましたね。

先日、東京の築地市場見学にいきましたら、たまたま「魚河岸秋まつり」

が開催されていました。

ものすごい人の波に圧倒されながら通りを歩くと、時々目に入るのが「石川県産」

「七尾産」という地名入りの商品と値札でした。

このわた、からすみ、いしる、いしり丸干し等ですが、ついつい見入ってしまいます。

お店の人が「特別に旨いよ~!」なんて言ってくれるとなんとなく嬉しいんですよね。

その後、六本木で何気なく入ったお店が「ルショコラドゥアッシュ」

あの有名な辻口さんのお店でした。中庭でゆったりとビールやワインと共にチョコレートを

食べてるおしゃれな風景に惹かれて入ったのですが、ここでもオーナーが石川県出身

という話題になり、東京で石川県は頑張ってるなと勇気づけられました。

そこで、本場石川県、金沢の松魚亭おすすめ料理です。

IMG_0673.jpg

かに鍋料理。お一人様4,980円。お一人様より承ります。

御出汁がほんとに美味しいです。

IMG_0675.JPG

ちょっと寒い秋の夜にぴったりですよ。

お野菜とうどんが付いてます。 写真は二名様盛りです。

ぜひ、お試しくださいませ。

(前置きが長くてごめんなさい)

 

 

皆さま、こんにちは!

台風一過、とにかくやれやれですね。

被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

さて、下の写真は、台風のせいではなく、松魚亭一階中央にある

生簀の大掃除をしているところです。

IMG_0641.JPG

海水を抜いて洗浄、大掛かりです。

IMG_0643.JPG

水槽の中に入ってゴシゴシ洗ってます。

IMG_0655.JPG

ほら、キレイになったでしょ。

平目が気持ちよさそう。

IMG_0652.JPG

水槽の泡までが弾いてます!

IMG_0657.JPG

新潟産の香箱蟹が今朝入荷しました。

下ごしらえをして、本日のお客様に召し上がっていただきます。

美味しそうですね。生唾ゴックン。

蟹料理ご希望の際はぜひ御予約下さいませ。

 

松魚亭の調理場風景

この春入社の新人くんが、先輩から指導を受けているところです。

いつも笑顔が絶えないイケメンの彼は次々と仕事をこなす優秀スタッフ。

その証拠に、教える先輩の眼差しはとても温かいですよね。

照れ屋さんなので、その仕事ぶりだけ、そっと紹介したいと思います。

えっ、盗撮・・? そうです、勿論。

必死に魚をさばいているので、私には気づいてないようです(笑)

IMG_0546.JPG

アジを開いてます。

IMG_0645.JPG

甘海老です。

IMG_0640.JPG

秋鮭と格闘中。

IMG_0554.JPG

これは先輩が造った盛り込み。

こういうふうにできるのはいつでしょう。楽しみです。

今日も頑張ってます。応援よろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

すごいですね~!

7月に北海道稚内市を出発し、鹿児島まで約3,000キロを手作り竹馬で

歩き続けるマイケル・タンさん、実希さんご夫妻がおいでました。

IMG_0636.JPG

竹馬での日本縦断のきっかけは、

千葉県で高校教師のマイケルさんが危機に瀕するオランウータンをなんとか

助けたいと生徒に話したところ、「問題が大きすぎて何もしてあげられない」

との返答。発奮したマイケルさんが、困難なことに自ら挑戦して達成してみせることで

生徒たちにやればできることを教えたいと決意。

実希さんの発案で竹馬での日本縦断に踏み切ったそうです。

オランウータンの保護を訴え、その保護活動のための寄付金を募る姿に多くの応援団が

できたそうで、この日も青森で出会った大宅さんが金沢まで追いかけてきて、

一緒にお食事をしておいでました。

今日あたりは兼六園内を竹馬で散策しているかも。

カメラを向けると、お箸を竹馬に見立ててポーズをとって、最高の笑顔を

見せてくれました。

マイケルさん、実希さん、頑張って下さい! 

皆さんも街で見かけたら応援と寄付をよろしくお願い致します!

 

 

 

松魚亭らしさ

皆さま、お風邪など召してませんか・・・・

暑かったり涼しかったり、体調を崩しやすい時期ですから、

お気をつけて下さいね。

さて、3日の「中秋の名月を食する会」は、おかげさまで

参加された皆様には大変好評でした。

和室、洋室、桟敷席で約120名様がそれぞれ親しい方々と、

ゆっくりお月見料理を召し上がってくださいました。

この写真は、和室でのしつらえですが、この後の本番写真を撮り損なってしまい、

皆さまにご紹介できなくて誠に残念です。

(宴が一斉に始まり、おひらきまでてんてこ舞いでした。ごめんなさい)

会場内を和ろうそくの灯りだけにして、篠笛「月のしずく」(藤舎良寛さん)の

演奏後は松魚亭料理長の特別料理に舌鼓を打ち、美酒に酔いしれました。

IMG_0611.jpg

会場の雰囲気、まさに名月を食する料理とおすすめ酒、

夜景まで全てに松魚亭らしさが演出されていると、お客様から喜んでいただき、

スタッフ一同大感激です。

これからも心を込めて、笑顔で頑張ります。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

今秋のじわもん料理

今夏より、人気が高まってきました「じわもん料理コース」を

ご紹介いたします。

昔懐かしい昭和の頃のちゃぶ台を、家族揃って囲み、

野菜の煮っころがしや鍋をつついた記憶は誰にもあるはずです。

そんな思い出が蘇る、懐かしい料理のコースです。

DSCF2238.JPG

メギスの摘みれと茸の鍋や、ハタハタ煮、赤カレイ焼きなど、

その優しい味付けは、五十代以上のお客様なら食べながらジーンと

くるものがあると思います。

お一人様 5,000円(税・サービス料込み)

ぜひ一度召し上がってくださいませ。

 

 

 

今日から10月がスタートしました。

昨夜は、金沢城歌舞伎(金沢城公園三の丸広場にて)を観てまいりました。

朝からの雨が開宴前にはすっきり上がり、林 英哲さんの太鼓「三絶」の響きに

それまで覆っていた雲が一瞬に見えなくなり、

圧巻の中村勘三郎さん父子の「連獅子」には感動の嵐で、拍手が止みませんでした。

9月の最終日にいい思い出ができました。

すみません、ランチのご紹介でした。

深まる秋に相応しく、旬彩膳1,900円には栗御飯が登場しました。

IMG_0606.JPG

平日にはデザートとして「くずきり」をサービスしております。

金沢の街並みが美しく映える桟敷席で、

ぜひ美味しいひとときをお過ごし下さいませ。

 

 

本日のおすすめ

松魚亭のご案内

金沢市東山1丁目38-30
TEL 076-252-2271
<営業時間>
平日:11:30~14:30 17:00~22:00
土日祝:11:30~15:00 17:00~21:30

毎月の記事

アイテム

  • IMG_1131.JPG
  • IMG_0750.jpg
  • IMG_0745.jpg
  • IMG_0740.jpg
  • IMG_0743.jpg
  • IMG_0683.JPG
  • IMG_0737.jpg
  • IMG_0700.jpg
  • IMG_0716.jpg
  • IMG_0713.jpg

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。